English | Chinese | Taiwan | Korea
サイト内検索 :
初詣は成田へ

成田山新勝寺

「成田のお不動さま」の愛称で親しまれている成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山です。

1,000年以上の歴史をもつ全国有数の霊場でお正月3が日には308万人、約年間1,000万人以上の参詣客が訪れます。
総門を正面から入って、大きな提灯のある仁王門をくぐり、長く急な階段を上がると、まるで私たちを包み込むかのように大本堂が厳かに聳え立っています。

「照範(しょうはん)じめ」と呼ばれる成田山独特の編み方で知られる見事なしめ縄をくぐり、混み合った大本堂内陣に入ると、ご参詣に訪れた人々の熱気に溢れています。

仁王門をくぐり大本堂へ。

照範じめは成田山独特の編み方。

御護摩札に
願いを込めて。

初詣限定
初詣開運御守
 
 
初詣の朝
 
御護摩の炎が心身を清める。

大本堂の内陣では、1月は朝6時の朝護摩に始まり、夕方まで連日1時間ごとに御護摩奉修が厳修されます。
御護摩奉修は、成田山開山以来毎日欠かすことなく続けられる厳かなご修行です。
ご利益を授かることを一心に願うこともさることながら、成田山の御本尊であるお不動さまのご利益と直接触れることができる大変貴重な機会です。
新しい年が始まる節目を、厳粛な気持ちでスタートさせる大変良い機会でしょう。

成田山にお参りの際は、是非内陣に上がり、御護摩奉修にご参詣になることをお薦めします。
詳しくは、成田山新勝寺ホームページ(http://www.naritasan.or.jp/)をご覧下さい。

成田山新勝寺はみどころいっぱい!
旧本堂の光明堂釈迦堂三重塔仁王門・額堂の5棟は、国重要文化財に指定されています。

光明堂は、縁結びにご利益のある愛染明王が安置されています。
良縁みくじを引いたり、縁結びの絵馬に願いを託して。
恋に勝つパワーをチャージしてみてはいかがでしょうか?

釈迦堂の外壁には五百羅漢が彫り込まれ、厄除けのご祈祷が執り行われます。

小高い丘にある出世開運稲荷は、商売繁昌・開運成就・火伏せのご利益があると伝えられており、多くのご信徒様で賑わいを見せます。

光明堂。願いよ叶え。良縁みくじ♪

光明堂脇の天神様には梅の木が
早春の訪れを告げる。

厄除けは釈迦堂まで。
一切の厄難に勝ーーーーつ!

釈迦堂の側にある奥山広場には、お土産物屋さんや飲食店さんが軒を連ねています。
広場の大本堂側には、易断所(占い処)が並んでいます。年の初めに1年の運勢をみていただくのもよいでしょう。

仁王門下の広場 堂庭にも、お土産屋さんや飲食店、お正月らしい縁起物を売る露店が並びます。
1月中は多くのお客様がお見えになり大変活気があります。
毎年、同じお店の女将さんにお会いするのを楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その土地のお店の方々との会話も、旅の楽しみのひとつですね。


釈迦堂の隣にある奥山広場。


易断所が軒を連ねる。


賑わいを見せる奥山広場。


仁王門下にある堂庭。

縁起物を扱う露店も出る。

可愛らしい小物をゲット!

問合せ先

成田山新勝寺
TEL 0476-22-2111(代表) 
住所 成田市成田1 マップはこちら >>>

 【1月中の成田山新勝寺周辺における交通規制について】 詳しくはこちら >>>

FEEL成田 みどころ 【成田山新勝寺】
http://www.nrtk.jp/contents/midokoro/02_naritasan/index.html

響け とどけ 成田の祈り
第5回東日本大震災支援報告展
同時開催 十一世市川團十郎五十年祭特別展


成田山平和大塔
成田山では、東日本大震災発生以来、御本尊不動明王の御教えのもと、ご信徒の皆様のご協力をいただきながら、被災地支援活動に取り組んでいます。
平成27年の被災地支援をご報告する展示で、支援活動の写真パネルや映像、NHK大河ドラマ出演者(節分会来山者)からお寄せいただいた応援メッセージなどをご紹介します。

また、同会場において特別企画展の「十一世 市川團十郎五十年祭特別展」を開催いたします。
初代は、御本尊不動明王に子授けを祈願して、待望の男子、九蔵(後の二代目團十郎)を授かるという霊験を受け、お不動さまを篤く信仰しました。歴代の團十郎も成田山のお不動さまに深く帰依しました。
十一代市川海老蔵丈の祖父であります十一世市川團十郎の五十年祭にあたり、縁の品々や写真等が展示されます。

 FEEL成田 成田山と團十郎 詳しくはこちら >>>
期間 平成27年12月25日(金)~平成28年2月28日(日)
 8時~16時(最終入館15時30分)
会場 成田山平和大塔 1階 霊光殿 (入場無料) 
お問合せ 成田山新勝寺  TEL 0476-22-2111

詳しくはこちら >>>成田山新勝寺公式HPへ

このページのトップへ



成田山書道美術館新春特別展
「戦後の書70年ー現代書道二十人展出品作家を中心に」

緑豊かな成田山公園の中にある成田山書道美術館において、「戦後の書70年ー現代書道二十人展出品作家を中心に」が開催されます。

成田山書道美術館の所蔵品のなかから、戦後10年目に朝日新聞社の主催ではじまった現代書道二十人展に出品した作家の作品を中心に出品し、戦後70年の日本の書の歩みを振り返る展覧会です。

公募展を中心軸に発展した戦後の日本の書壇において、現代書道二十人展は独特の魅力を持つ展覧会です。
時代を代表する作家の連立個展ともいえるこの展覧会は、戦後の書の動向を象徴する展覧会であるともいえます。

2016年の第60回展から日本橋高島屋で開催される現代書道二十人展や、東京都美術館で開催されるTOKYO書2016展などの今日の書と併せて、戦後の書70年の歩みを成田山書道美術館でご覧いただきたいと思います。
期間 平成28年1月1日(祝・金)~2月21日(日)
9時~16時(最終入館は15時30分)
(正月三が日は開閉館とも30分延長)
会場 成田山書道美術館
休館日 ※1月中は無休です。
月曜日
(月曜が休日の場合は開館し、翌日休館)
年末休館日:12月21日(月)~12月31日(木)
入館料 大人500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
お問合せ 成田山書道美術館  TEL 0476-24-0774
http://www.naritashodo.jp/

このページのトップへ