テーマから探す

閉じる

  • 歴史・文化
  • 史跡・名勝・社寺

三重塔(成田山新勝寺 境内)

Three-storied pagoda (in Naritasan Shinshoji Temple)

ここから本文です。

三重塔は、中興の祖といわれている照範上人が霊夢を感じて発願し、1712年に建立された国指定重要文化財。
その後大修復が行われたが、創建当時の姿を今日まで残している貴重な建物である。
特筆すべきは、その色彩美。息をのむような極彩色のパノラマがひろがる。
開基1070年祭にあわせて、過去の資料を元に漆塗りの彩色が施され、当時の煌びやかな姿が現代によみがえった。
相輪を含めて約25mあり、塔内には五智如来(5つの智慧を備えるといわれる、大日如来・阿閦如来・宝生如来・阿弥陀如来・不空成就如来)を奉安し、周囲に「十六羅漢」の彫刻がめぐらされている。
雲水紋の彫刻がほどこされた各層の垂木は一枚板で作られた珍しいもので、一枚垂木と呼ばれている。

店舗からのおすすめ情報

開く

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.nrtk.jp/enjoy/attraction/sanjyunoto.html

基本情報

開く

住所

千葉県成田市成田1

駐車場

有料
周辺の有料駐車場をご利用ください

交通アクセス

JR

最寄り駅:成田から徒歩約15分

京成電鉄

最寄り駅:京成成田から徒歩約15分

自動車

東関東自動車道:成田ICから車で約10分

設備情報

開く

利用可能な設備

文化財 | ガイドサービス有
成田山信徒会館の1階にて、ボランティアガイド受付あり。(時間は10時から15時まで)電話事前予約可。

連絡先詳細

開く

お問い合わせ

成田山新勝寺

電話番号

0476-22-2111

ファックス番号

0476-24-2210

ウェブサイト

http://www.naritasan.or.jp/

この情報は、2017年06月09日現在の情報となります。

地図を見る