English | Chinese | Taiwan | Korea
サイト内検索 :
ジャンル別検索
観る観る
さらに絞り込む:

51 件中 1 - 20 件目
【観る】 滑河山龍正院
TEL:0476-96-0217
アクセス:JR滑河駅から約1キロ 徒歩約15分 
慈覚大師によって承和五年(838年)開基された天台宗の寺院で、本尊の十一面観世音は[滑河観音]の愛称で信仰されています。 また室町時代に再建され、当時の姿を今に残す仁王門は国の重要文化財に指定されています。
【観る】 埴生神社
TEL:0476-22-1254
アクセス:
この神社は成田総鎮守として、近隣の人からは「三の宮様」と呼ばれ、親しまれ崇拝されています。「子育ての神」として、初宮参りや七五三詣の参拝者が多く、成田の産土様として厚く崇敬されています。
【観る】 成田山公園(成田山新勝寺 境内)
TEL:0476-22-2111
アクセス:JR成田駅・京成成田駅より徒歩20分
成田山新勝寺の後方に広がる、165,000㎡の大庭園。春の訪れを告げる梅、桜、新緑と秋の紅葉、雪景色など、四季折々の表情を楽しむことができる憩いの場として、成田山をご参詣の皆様や市民から大変親しまれている。 例年11月半ばから12月上旬に色付く紅葉は、公園全体を錦色に染め、紅葉まつりが開催される。東京近郊の紅葉を愛でる行楽名所として多くの人が集う人気スポットだ。 梅の名所でもあり、梅林の花が咲き揃う時期に行われる梅まつりでの「野点」は、日本情緒を感じ、ひとときの風流を楽しむことができる。 公園の一角には、平和大塔や成田山書道美術館がある。 公園内各所には、松尾芭蕉や高浜虚子など著名な文人たちの句碑があり、先人の足跡を感じることだろう。 http://www.nrtk.jp/contents/midokoro/03_naritasan_park/index.html
【観る】 芝山仁王尊
TEL:0479-77-0004
アクセス:車:圏央道松尾・横芝ICより約5分 公共交通:芝山千代田駅・JR松尾駅より「芝山ふれあいバス」20分
観音教寺は781年に創建された、日本でも有数の古刹。「黒仁王」と呼ばれる黒塗りの仁王尊で広く知られ、江戸時代には成田不動尊と共に「芝山仁王尊」として民間信仰を集めていました。火難・盗難除け、交通安全に霊験があると言われ、また境内前の三重の塔も県内有数の文化財として有名です。
【観る】 小御門神社
TEL:0476-96-0449
アクセス:JR成田線滑河駅から2.5km(タクシーのご利用をお勧めします。)
小御門神社は、旧別格官弊社で南北朝時代に建武中興の礎石となった藤原師賢卿をお祀りしており、明治12年明治天皇から小御門神社の社号を賜った。藤原師賢卿は後醍醐天皇に仕え、活躍したが、後に事破れて、元弘2年(1331年)5月、当地に配流されわずか32歳で亡くなった。後醍醐天皇の身代わりとなったことから「身代わりの神」「回復の神」として、交通安全や航空安全・病気平癒や事業回復に御利益あるとして信仰されている。 鳥居をくぐり境内に入ると、そこは清浄な空気に満ちあふれ、眩く光る緑の樹木に囲まれた参道が続く。天気の良い日は、樹木の梢からこぼれる陽射しがとても美しい。 社殿を正面に見て、左側にある狛犬の側にそびえ立つモミの木に、特にパワーがあるとあされる。木に西向きに立つと、疲れや邪気を取り去り、東向きに立つと、新しいエネルギーをもらえると言われている。
【観る】 宗吾霊堂
TEL:0476-27-3131
アクセス:京成宗吾参道駅下車徒歩15分、JR・京成成田駅より「宗吾霊堂」行きバス10分
開基は古く、桓武天皇の時代に征夷大将軍・坂上田村麻呂が、房総を平定した時に戦没者供養のために建立したと言われています。 今では江戸時代の義民・佐倉宗吾様(本名・木内惣五郎)が祀られているお寺として、全国の信者が参拝に訪れます。春には桜、梅雨にはアジサイが見事です。
【観る】 DIC川村記念美術館
TEL:0120-498-130
アクセス:http://kawamura-museum.dic.co.jp/access/index.html
DIC株式会社が関連グループ会社とともに収集した美術品を公開するために1990年5月、千葉県佐倉市の総合研究所に隣接する場所で開館しました。20世紀美術を中心とした多彩なコレクション、展示作品にふさわしい空間づくりを目指した建築、四季折々の変化が楽しめる美しい自然環境。これら「作品」「建築」「自然」の三要素を調和させた美術館として、多くの方々に親しまれています。
【観る】 龍正院(しもふさ七福神 毘沙門天)
TEL:0476-96-0217
アクセス:JR滑河駅から徒歩15分
祀られている七福神 毘沙門天(仏教の守護、悪霊退散、開運厄除け、福財神) 龍正院は、坂東札所観音第28番目の霊場として知られています。 ご本尊は、十一面観世音菩薩で、脇侍として不動明王と毘沙門天が祀れています。 仁王門は国指定重要文化財。 本堂、鰐口などは県指定文化財です。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 昌福寺(しもふさ七福神 寿老人)
TEL:0476-96-0067
アクセス:JR滑河駅からタクシーで10分
祀られている七福神 寿老人(福徳の神。災難除、長寿の神) 昌福寺は、浄土宗で本太蓮社良扇上人が開山しました。 本堂には、十間四面の総欅造りの天井に極彩色の百花の絵、内陣欄間に龍などの彫刻を施しています。 寿老人は、昔より健康と長寿の神様として人々から広く崇敬されています。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 乗願寺(しもふさ七福神 布袋尊)
TEL:0476-96-2580
アクセス:JR滑河駅よりタクシーで15分
祀られている七福神 布袋尊(円福、子宝の神) 乗願寺は、時宗のお寺です。 赤城の子守唄で有名な国定忠治の子分“板割り浅太郎”ゆかりの寺として知られています。 本堂内にも子供を背負った布袋尊があり、子育て、安産のご利益があります。 紫陽花の株が多くあり、6月には色とりどりの紫陽花を愛でることができます。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 常福寺(しもふさ七福神 大黒天)
TEL:0476-96-3380
アクセス:JR滑河駅よりタクシーで15分
祀られている七福神 大黒天(五穀豊穣、福寿開運、福財の神) 常福寺は、成田山新勝寺と同じ真言宗智山派の寺院真言宗智山派のお寺です。 中興の宥ばん上人が、寛永三年身の丈六尺程の青銅の不動尊を鋳造しお堂を造り安置しました。 尚、同上人は、成田山新勝寺の中興の祖とも言われています。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 成田ゆめ牧場(しもふさ七福神 福禄寿)
TEL:0476-96-1001
アクセス:東関東自動車道成田ICから約20分 JR成田線滑河駅から無料送迎バス10分
祀られている七福神 福禄寿(福徳、長寿の神) 成田ゆめ牧場は、秋葉牧場の百周年を記念して、1987年(昭和62年)に開場されました。 約9万坪の広々とした自然の中で動物達とのふれあいが楽しめます。 福禄寿は、滑河駅行き送迎バスの回転場に祀られています。 入場料なしでも、絞りたてのミルクたっぷりのアイスを楽しむことができますよ。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 眞城院(しもふさ七福神 弁財天)
TEL:0476-96-0176
アクセス:JR滑河駅より徒歩10分
祀られている七福神 弁財天(音楽、知恵、学問、福財の神) 眞城院は、高岡山瑞泉寺眞城院。天台宗のお寺です。 本尊は阿弥陀如来 特に善女人の信者が多く、弁財天御宝前に護摩供を修し、開運延命、家内安全、商売繁盛、諸願成就を祈願しています。 5月には弁財天が祀られているお堂の周りに藤の花が美しく咲きます。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 楽満寺(しもふさ七福神 恵比寿)
TEL:0476-96-1944
アクセス:JR滑河駅からタクシーで約10分
祀られている七福神 恵比寿(庶民救済、福財、商売の神) 楽満寺は、臨在宗(妙心寺派)のお寺です。 本尊は安産子育の如意輪観世音菩薩。春日作。源頼朝、実朝の母堂の守り本尊といわれています。 「中里の観音様」とも言われ、安産子育て祈願の寺として有名です。 境内に芭蕉の句碑があります。ほろほろと 山吹散るや 滝の音 また、紅葉の名所でもあり11月中旬となると境内周辺の木々が見事に色づき、多くのカメラマン達で賑わいます。 詳しくはこちらをクリック 【成田ウォーキングマップ ☆しもふさ七福神めぐり☆】 http://www.nrtk.jp/news/narita_walking/index2.html
【観る】 額堂(成田山新勝寺 境内)
TEL:0476-22-2111
アクセス:JR成田駅・京成成田駅より徒歩15分
1861(文久元)年に建立された重要文化財で、1986(昭和61)年に修復されました。 ご信徒から奉納された額や絵馬などをかける建物で、江戸時代に奉納された貴重な絵馬や、様々なモチーフの彫刻は、目を見張るものがあります。 また、七代目市川團十郎丈が寄進された石像があります。
【観る】 成田山新勝寺
TEL:0476-22-2111(代)
アクセス:JR京成成田駅から表参道を通って徒歩10分。(近くには駐車場が沢山あります)
「成田のお不動さま」の愛称で親しまれている成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山で、日本一のお不動様です。天慶3年(940)、寛朝大僧正によって開基され、以来1000年以上の歴史をもつ、全国有数の霊場です。平成20年には、開基1070年を迎え、記念大開帳奉修が行われました。 成田山境内伽藍のご紹介は、こちらからご覧いただけます。 http://www.nrtk.jp/ndb/searches/category2/2/207
【観る】 出世稲荷(成田山新勝寺 境内)
TEL:0476-22-2111
アクセス:JR成田駅・京成成田駅より徒歩15分
大本堂を正面に左手に進み、階段を上ると出世稲荷がひっそりと佇んでいます。 出世稲荷の御本尊は、江戸時代に成田山を篤く信仰した佐倉藩主・稲葉丹後守によって寄進された御尊像です。 「出世開運稲荷」と称されて、商売繁昌・開運成就・火伏せのご利益があると伝えられています。 毎年2月の祭礼では、大法会が厳修され、特設舞台で神楽の奉納や甘酒接待が行われ、多くの善男善女で賑わいます。 http://www.nrtk.jp/news/syusse_inari/
【観る】 赤松庵(せきしょうあん・成田山公園)
TEL:0476-22-2111
アクセス:JR成田駅・京成成田駅より徒歩20分
成田山書道美術館の隣にある茶室「赤松庵(せきしょうあん)」。 普段は開放されていないが、紅葉まつりのイベント開催日には、無料の茶会が催され、どなたでも無料でご参加いただけます。 鮮やかに色づく紅葉と苔の緑が調和した庭園を眺めて口にする一服のお抹茶は、格別の味わいがあります。 (開催日には先着順で整理券を配布。数に限りがありますので、予めご了承下さい。)
【観る】 3つの池と浮御堂(成田山公園)
TEL:0476-22-2111
アクセス:JR成田駅・京成成田駅より徒歩20分
文殊、竜樹、竜智と呼ばれる3つの池は、放生の場として、その造りに生きとし生けるものすべての生命を尊ぶという仏教思想が組み込まれている。 池には、多くの鯉が放され、他にも色々な生き物が暮らしている。 池の周辺は散策路があり、移ろう四季ごとに彩られる樹木と輝く水面を愛でながら散策を楽しむことができる。 3つの池の一つ、竜智の池にある浮御堂は、公園に来られる方の憩いの場となっている。 子どもたちが浮御堂から手を叩くと、池の鯉が集まってくる。 紅葉まつりでは、浮御堂の上で箏や二胡の演奏会が開催され、池面に映る紅葉と共に、雅やかなひとときを楽しむことができる。
【観る】 麻賀多神社
TEL:0476-28-5736
アクセス:成田市役所よりコミュニティバス(北須賀ルート)「麻賀多神社」下車
平安時代に編集された「延喜式」の神名帳にも記載されている由緒ある神社。本社と奥宮の二社よりなり、台方区稷山にあるのが本社で、北へ800メートルほど離れた船形区の手黒にあるのが奥宮。台方社は稚産霊神をお祀りしており、産業・開運・長寿・厄除けの守護神として崇められている。 天を突くほど高くそびえる樹齢1,370年の大杉の巨木は、聖徳太子の生きていた時代に植えられたもので、太さ8メートル、高さ40メートル、東日本一の大杉として親しまれる御神木である。 今日では特に不老長寿祈願の御神木として崇拝されている。昔から多くの祈願が行なわれ、大願成就前には梢より霊光が輝き、神のお告げがあると言い伝えられている。この御神木を含め周辺の緑豊かな森は、「麻賀多神社の森」として、千葉県の天然記念物に指定されている。
<< 前ページ
| 1 | 2 | 3 次ページ >>

このページのトップへ