English | Chinese | Taiwan | Korea
サイト内検索 :
開運厄除柴灯大護摩供・護摩木祈願火渡り修行

9月は、成田山新勝寺のお詣り月です。
正五九(しょうごく。1月、5月、9月のこと)といって、1年の節目のこの季節にお詣りすると平月にも増して御利益を授かることができると言われています。
平成27年9月27日(日)には、火渡り修行(開運厄除柴灯大護摩供・護摩木祈願火渡り修行)が行われます。

柴灯大護摩供とは、野外で行う護摩祈祷のことで、古来、山伏が山岳修行の際、柴(しば)を使い護摩壇を設け、心願成就を祈念するという仏教における日本特有の伝統儀式です。

成田山新勝寺における、火渡り修行(開運厄除柴灯大護摩供・護摩木祈願火渡り修行)では、お願い事とお名前を書いて皆様から奉納された護摩木(ごまぎ)が、お不動様の智慧の炎が燃え盛る護摩壇に投じられ、心願成就が祈願されます。
古式に則った厳粛な修行は、道場の周りにご参集の大勢の皆様に見守られる中で粛々と執り行われます。それはまるで境内全体が浄化され、霊験あらたかな雰囲気に包まれるかのようです。

そして、山伏に扮した僧侶たちによる火渡り修行が行われます。
裸足で火渡りをする山伏の気迫溢れる表情を真近でご覧ください。
この火渡り修行には、ご参詣にお出でになった皆様も、ご体験いただくことができます。
今回の火渡り修行においては、被災地岩手県陸前高田市の高田松原の松材をお焚き上げして、大震災物故者の供養と被災地の復興を祈願します。

東日本大震災被災地復興祈願
開運厄除柴灯大護摩供・護摩木祈願火渡り修行

(かいうんやくよけ さいとう おおごまく・ごまぎきがんひわたりしゅぎょう)
開催日時 平成27年9月27日(日) 11時30分より ※小雨決行
場所 成田山新勝寺 大本堂と釈迦堂あいだの広場
お問合せ 成田山新勝寺 TEL:0476-22-2111(代表)
http://www.naritasan.or.jp/

このページのトップへ