English | Chinese | Taiwan | Korea
サイト内検索 :
埴生神社 朝顔ほおづき市

埴生神社 朝顔ほおづき市

三ノ宮様として親しまれている埴生神社は、「子育ての神」として、安産、初宮参りや七五三詣の参拝者が多く、成田の産土様(うぶすなさま)として厚く崇敬されています。

埴生神社夏祭りが行われる2日間(平成28年7月16日(土)17日(日))は境内において、『朝顔ほおづき市』が開催されます。
彩り鮮やかな朝顔やほおづきが販売されます。

7月16日(土)は宵宮(よいみや)となり、18時より催し物も行われ賑わいます。

7月17日(日)の例祭では、神輿が町を練り歩きます。
例祭の神輿渡御は、寛元2年(1244年)に上総権介平秀胤の弟である埴生次郎平時常が、この神社に神輿を寄進してからの始まりとされており、以来750年以上の歴史あるお祭りです。
昔は夏になると疫病がはやり、その病を追い払うために夏越(なごし)の祓えとして神事が行われていました。
江戸時代には、蓮沼海岸までお浜降りが行われていましたが、今日では寺台の根木名川でお浜降りを行い、成田の町中を練り歩きます。


 朝顔ほおづき市
 日 時 平成28年7月16日(土) 7時~21時

16日(土)は宵宮となり、催し物が開催されます。
成田ファニーサンズ 18時~19時
天神会のお囃子 19時~19時30分
沖縄民謡にらいかない 19時30分~20時
ビンゴゲーム 20時~20時30分

平成28年7月17日(日) 7時~19時 
17日(日)は例祭となり、神輿渡御が執り行われます。
 場 所 埴生神社境内 
 公式ホームページ  http://habujinja.or.jp/
 お問合せ先 三ノ宮 埴生神社(郷部) TEL:0476-22-1254 

このページのトップへ

埴生神社

埴生神社は、成田総鎮守として、近隣の人からは「三の宮様」と呼ばれ、親しまれ崇拝されています。「子育ての神」として、安産、初宮参りや七五三詣の参拝者が多く、成田の産土様(うぶすなさま)として厚く崇敬されています。

   

御祭神は、埴山姫之命(はにやまひめのみこと)です。
日本書紀には、埴山姫之命(土の神)と火之迦具土命(ひのかぐつちみこと:火の神)が結ばれ、稚産霊命(わかむすびのみこと:五穀の神)をお生みになったと記されており、古代に焼畑農耕、つまりは土と火から五穀を得ていたことを由来するものです。

創建年代は不詳ですが、和名抄(わみょうしょう:平安中期の漢和辞書)によると、この辺りは埴生郡(はぶごおり)と言われ、約1,500年前、文化をもった大和朝廷系の土師部(はしべ)一族が、この成田の地にて、焼畑農耕により食物を育て、集落を構えました。

土師部一族は、その豊潤な埴(はに:古代、土はハニと言われていた)を用いて、土師器(はじき:古墳時代以降の素焼の赤褐色の土器)を作って生活を営んでいました。
一族の祖神、氏神である『埴山姫之命』を祀り、古代祭祀を執り行ったのが始まりと伝えられています。

社殿が建っている場所は、土師部一族の祖を祀ったとされる古墳の跡に建立され、成田の町の中で高い所に鎮座しています。

埴生神社は通称三ノ宮といわれています。
その昔、多くの物資は、利根川流域より川をつたい運び込まれていました。
最も利根川の近くにある栄町矢口の一ノ宮、成田市松崎の二ノ宮、そして終点である成田市郷部の三ノ宮と順になったとされています。
その名残か現在当神社の向きは真西にむいており、一ノ宮・二ノ宮の方を向いています。

玉石も美しくはき清められ、境内は清々しい空気に包まれています。
成田の総鎮守として、多くの方から親しまれている埴生神社に是非お参り下さい。

このページのトップへ