English | Chinese | Taiwan | Korea
サイト内検索 :

酒フェスティバル 2016 開催!

11月26日(土)、成田山表参道の成田市第一・第二駐車場等にて、「酒フェスティバル 2016」が開催されます。

成田にお越しの皆様に、日本酒でのおもてなしを楽しんでいただくイベントです。
昨今、Cool Japanとして日本文化が世界から注目を集めています。
日本の食文化の象徴ともいえる日本酒も、また世界中から熱い関心が寄せられています。

豊かな自然の風物に恵まれた四季のある国、日本。
春は花見酒、夏は暑気払い。中秋の名月を浮かべた月見酒に、しんしんと降り積もる雪を愛でながらの雪見酒。
移ろいゆく自然を愛でながらお酒を楽しむ、贅沢な日本文化を築いてきました。

そして、杜氏のたゆまぬ努力によって造られた日本酒は、お料理の食材の味をより一層ひきたててくれます。
辛口・甘口・純米酒・本醸造酒・吟醸酒などなど、日本酒のテイストは多種多彩!
和食はもとより、フランス料理にイタリアン、中国料理にエスニックまで、日本酒はバラエティー豊かに、柔軟性を持って楽しめるお酒です。

海外では日本食ブームと共に日本酒が飲まれ始めており、日本酒の美味しさを知って本場で日本酒を飲んでみたいと考える外国人が増えてきています。
成田国際空港をご利用の外国人観光客も多い成田山表参道で、手軽に日本酒を楽しんでいただき、国際都市NARITAから日本文化の発信を目指します。

地元成田のお酒や成田空港就航先のお酒、北総のお酒が、成田山表参道の会場に揃いぶみ!
チケット1枚(500円)で5杯のお酒を楽しんでいただくことができます。
この日のために特別に作られた「うなりくんグラス」も要チェック!

是非ともご来場になり、日本の伝統酒である美味しいお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。


酒フェスティバル 2016
開催日時 平成28年11月26日(土) 11時~15時
雨天順延27日(日)、27日が雨天の場合は中止。
  (お酒がなくなり次第終了となります。)
開催場所 【試飲会場】
成田空港就航先のお酒⇒⇒成田市第一駐車場
北総のお酒⇒⇒成田市第二駐車場

【成田のお酒販売】
三井のリパーク成田山表参道藤倉家


こちらをクリックすると、画像を
拡大してご覧いただけます >>>
交通規制  11時~15時 JR成田駅~薬師堂
11時~16時 薬師堂~成田山門前(鍋店角)
主催 NAIRTA酒フェスティバル実行委員会
共催  花一参道街づくり協議会、上町街づくり協議会、幸和会、
仲町街づくり協議会、本町振興会
後援 (一社)成田市観光協会
協賛 成田国際空港株式会社、日本航空株式会社、全日本空輸株式会社、
ジェットスター・ジャパン株式会社、バニラ・エア株式会社、
春秋航空日本株式会社、成田まちづくり塾、成田空援隊
前売チケット販売 11月1日(火)より販売開始!

成田市観光案内所


成田観光館
お問合せ 成田市観光案内所 TEL 0476-24-3198
チラシ
Facebook 
酒フェスティバル2016チラシ

 NARITA酒フェスティバル2016 公式Facebook

このページのトップへ


酒フェス チケットをゲットしましょう

酒フェスティバル 2016をお楽しみいただくために、まずは1枚500円のチケットをお買い求めください。
酒フェス チケットで、おトクをゲット!
チケット1枚で23酒蔵23銘柄から、お好きな5杯を選んで飲める。(約40mlずつ)
協賛店でチケットを見せると、いろいろな特典が受けられる。
特製うなりくんグラスをプレゼント!(先着1000名様)

チケットは、成田市観光案内所、成田観光館にて販売中です。
また、酒フェスティバル会場(成田市第一駐車場)にて、当日券も販売されます。

5杯では飲み足りない場合には、チケットをもう1枚お買い求めください。その際、飲み過ぎにはくれぐれもご注意くださいますようお願いします。

チケットについている引換券で、先着1000名様に特製「うなりくんグラス」をお渡しします♪
引換えは、酒フェスティバル当日、会場となる成田市第一駐車場にて行います。

尚、チケットをご購入になる前に、下記の注意事項をご一読のうえお買い求めくださいますようお願いします。
  • チケットは成田市第一駐車場、成田市第二駐車場の両会場で使用できます。
  • お酒は原則1銘柄につき1杯、計5杯のご提供となります。お好きな銘柄を5つお選びください。5杯飲むまで、チケットはなくさずにお持ちください。
  • チケット1枚につき、1名様のみ有効となります。
  • 未成年者、お車・バイク・自転車を運転する方、妊娠中や授乳期の方へのお酒の提供はいたしません。
  • 飲酒の量は、ご自身の体質や当日の体調に合わせて調整ください。
  • チケット購入後の変更・払い戻し等は一切できません。
  • チケットはいかなる事情(紛失・焼失・破損)があっても再発行いたしません。大切に保管してください。
  • 転売目的での購入は固くお断りいたします。
  • 会場にてチケット半券をうなりくんグラスと引き換えいたします。(先着1000名様)
  • お酒の提供や協賛店特典を受ける際は必ずチケットをお持ちください。
  • 各銘柄の提供は、なくなり次第終了とさせていただきます。
  • 特典を受けるとき 各協賛店でチケットをご提示ください。
    ・特典のご提供は各協賛店につき、チケット持参の1名様1回限り、当日限りとさせていただきます。
    ・特典には数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

このページのトップへ


全国各地のお酒 23銘柄を飲みくらべ

成田及びその周辺には銘酒とされる地酒が豊富にあります。
上質な水、厳選された米、杜氏の確かな技術で造られた日本酒は、日本人だけでなく外国人も満足させてくれます。

今年は、成田空港就航先の日本各地のお酒や北総のお酒が楽しめます。
各地の銘酒が成田山表参道に集結!
「酒フェスティバル 2016」で楽しめる日本酒はこちら!

 成田空港就航先のお酒
会場:成田市第一駐車場
 

日本清酒 (にっぽんせいしゅ) 北海道

純米吟醸でありながら、純米大吟醸クラスの精米歩合50%まで磨き上げた、杜氏こだわりの酒。
さらりとした綺麗な風味をご賞味ください。

【提供銘柄(予定)】 千鳥鶴(ちとせつる)
http://www.nipponseishu.co.jp/

佐浦 (さうら) 宮城県

弊社は享保九年(1724年)に酒造株を譲り受け創業致しました。以来奥州一ノ宮であり、1000年以上の歴史を持つ鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸し現在に至っています。
日本酒は、2000年に及ぶ我が国の長い歴史と風土によって育まれてきた素晴らしい伝統の産物であり、日本酒文化は現在の私たちの日々の生活とも深く関わりあっています。
その中で弊社は、基本方針である『本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る』を軸に、じっくりと心をこめて醸した高品質な酒を誠実丁寧に消費者の皆様にお届けする事で、より多くの人々に豊かさや安らぎ、潤いを提供し、日本酒の持っている素晴らしさをより伝えることが出来ると考えております。
弊社はこれからも人々から信頼と支持を得る造り酒屋で有り続けるために、日本酒の味を磨き上げていくことに真摯に向き合い、高品質の酒造りに精進していきたいと思います。

【提供銘柄(予定)】 浦霞(うらかすみ)
http://www.urakasumi.com/

越後鶴亀 (えちごつるかめ) 新潟県

当社はお客様に満足いただける酒質を求め普通酒から高級酒まで吟醸造りの小仕込にこだわります。
米の選定から「こうじ箱」を使用した麹造りなど手間隙を惜しまない細やかな対応を行っております。
折々のハレの日に「越後鶴亀」というお酒を利用していただくよう日々精進しております。

【提供銘柄(予定)】 越後鶴亀(えちごつるかめ)
http://www.echigotsurukame.com/

福光屋 (ふくみつや) 石川県

福光屋の創業は1625年。金沢で最も長い歴史と伝統を誇る酒蔵です。
豊かな風土と加賀百万石の華麗な食文化を背景に、自然の恵みにこだわる伝統の酒づくりを継承してきました。
創業以来、連綿と受け継がれている「職人魂の酒造り」は21世紀に入り、生産高万石単位では唯一の「純米蔵」として結実しています。

【提供銘柄(予定)】 加賀鳶(かがとび)
http://www.fukumitsuya.co.jp/
 

鶴見酒造 (つるみしゅぞう) 愛知県

木曽川の伏流水を汲み、酒の仕込みに最も適した厳冬期に低温発酵させ、じっくりと時間をかけて醸造。
大吟醸酒ならではの芳醇な味と香りの最高級清酒。

【提供銘柄(予定)】 神鶴(かみつる)
http://www.tsurumi-jp.com/
 

梅錦山川 (うめにしきやまかわ) 愛媛県

蔵がある金田町金川はかつて梅林で有名な地であり、「梅錦山川」の蔵元名は、その梅の花に由来しています。
1977年に発行された「ほんものの日本酒選び(稲垣真美著)」にて紹介され、さらに雑誌「特選街(1980年発行)」の日本酒ランキング特集で上位を独占するなど、全国誌への掲載がきっかけで、その名が広がりました。
法皇山系の豊かな伏流水を使用した梅錦山川の酒造りは「人間の感性」を最も大切にします。

【提供銘柄(予定)】 梅錦(うめにしき)
http://www.umenishiki.co.jp/
 

三宅本店 (みやけほんてん) 広島県

三宅本店は西国を代表する旨口の酒であり、明治末期より4000石以上の生産を誇った名門蔵。
広島県下の品評会のみならず、全国新酒鑑評会も数々の受賞を誇ります。
昭和初期には海軍工廠のあった呉市の酒として戦艦に積み込まれ、軍用酒として重用されながら、満州や青島など中国大陸にも酒造場を興すほど隆盛を極めました。
その繁栄の礎には、創業者の母と妻の二人が店頭販売で貫いた「大衆勤労者にとって、いつでも美味しい酒を売る」の精神があり、“誰にでも、千の福を育む美酒造り”が、今日も三宅本店の哲理に脈々と流れています。

【提供銘柄(予定)】 千福(せんぷく)
http://www.sempuku.co.jp/
 

喜多屋 (きたや) 福岡県

「喜多屋」は江戸文政年間に創業した地酒と本格焼酎の蔵元です。酒は人と人の間で夢を醸し喜びを伝える力を持っています。社名及び酒銘の「喜多屋」は創業の際、「酒を通して多くの喜びを伝えたい」という志のもと名づけられました。180年間この理念を大切にして酒造りを続けて参りました。
 喜多屋では創業以来、「主人自ら酒造るべし」という家憲が受け継がれており、社長以下多数の酒造技術者が、杜氏・蔵人と一体となって、情熱を込めて酒造りにあたっております。

【提供銘柄(予定)】 喜多屋(きたや)
http://www.kitaya.co.jp/
 

天山酒造 (てんざんしゅぞう) 佐賀県

「天山」の酒蔵には熟練の肥前杜氏と若き蔵人達の情熱が満ち溢れ、品質第一の伝統が脈打っています。
九州の銘峰「天山」から湧き出ずる清冽な名水が磨き抜かれた酒米と出合うとき、こだわりの銘酒「天山」が生まれます。
天山酒造はふるさとの歴史・文化・自然に感謝しながら、人の心を酔わせ人生を豊かにする美味き酒造りをし、22世紀目指し歩み続けます。

【提供銘柄(予定)】 七田(しちだ)
http://www.tenzan.co.jp/main/
 

瑞鷹 (ずいよう) 熊本県

瑞鷹は熊本市川尻町で慶応3年(1867年)吉村太八によって創業されました。
赤酒が主流であった熊本の地で、淳良な清酒を造るため刻苦精励していた明治22年の元日の朝、酒蔵に一羽の鷹が舞い込みました。
これはめでたい瑞兆であると慶び、酒名を「瑞鷹」と名付けました。
以来百数十年、全国の数々の品評会で優秀な成績を修めてきました。
辛口でしかも深い味わいがある酒質として定評をいただいています。

【提供銘柄(予定)】 瑞鷹(ずいよう)
http://www.zuiyo.co.jp/
 

濱田酒造 (はまだしゅぞう) 鹿児島県

この本格芋焼酎の本場、薩摩の地にあって、約40年間造られてこなかった清酒。これは、当時、南国鹿児島では温度管理が難しく、安定的においしい清酒を供給しづらい環境であった事が大きく起因しています。
そういった背景のもと、各焼酎蔵は、本格芋焼酎がどうやったらおいしくなるか日夜、研究に研究を重ね今日のような全国のみなさまにおいしく飲んでいただける本格芋焼酎をお届けすることが できるようになったのです。ただ、本当にいまある本格芋焼酎の姿が完成形なのでしょうか?「いま」を進化するために薩摩金山蔵は薩摩で唯一の清酒を造りました。
本格焼酎造りでは見えなかった知恵や技といった気づき、そういったものを次の焼酎造りに活かせるように、清酒の名門蔵元で修行を重ねた杜氏が、どこに出しても恥ずかしくない薩摩の清酒を造り上げました。

【提供銘柄(予定)】 薩州正宗(さっしゅうまさむね)
http://www.hamadasyuzou.co.jp/
 

町田酒造 (まちだしゅぞう) 奄美大島

芳醇な香りと、まろやかな味わい。何よりもさわやかな酔い醒めが良い。
他社に先駆け、新たな製造技術をいち早く取り入れ、黒糖焼酎のイメージを変えた商品「里の曙」です。

【提供銘柄(予定)】 里の曙(さとのあけぼの)
http://www.satoake.jp/
 

久米仙酒造 (くめせんしゅぞう) 沖縄県

1949年、自然が豊かな久米島で創業した久米島の久米仙は、久米島で名水と名高い堂井(どーがー)」と同じ水系の宇江城山を源流とする自己水源の冷たくて甘みのある湧き水を使い、近代的な設備の中、熟練した職人の手により伝統技法を守りながら常に品質の高い泡盛造りを行っています。
当社が目指すのは普遍的な泡盛造り。純米無添加で安定した品質の「久米島の久米仙」をお届けするよう、社を上げて努力しています。
また、古酒の熟成には大型ステンレスタンクのほかに焼物の里・読谷村で作られた南蛮荒焼甕を用いており、室温の安定する地下室でじっくりと熟成を重ねています。

【提供銘柄(予定)】 久米仙(くめせん)
http://www.k-kumesen.co.jp/
   
 北総のお酒
会場:成田市第二駐車場
 

旭鶴 (あさひづる) 千葉県佐倉市

佐倉の米と御神水との出逢い。
蔵人の心技を尽くした手造りのこだわりに魂を込められた酒。
ただひたすらに飲んでいただいた方の「うまい」の一言を聴くために、酒は醸される。

http://www.asahiduru.jp/
 

飯沼本家 (いいぬまほんけ) 千葉県酒々井町

~酒々井の蔵元300年~
甲子正宗伝統の技に最新の技術を取り入れ、自然豊かな環境の中で常に美味しいお酒造りに挑戦しています。

http://www.iinumahonke.co.jp/

寺田本家 (てらだほんけ) 千葉県神崎町

自然に学ぶ酒造りをモットーに、無添加、無濾過、無農薬米の使用、昔造り(生酛 造り)にこだわりぬいた純米酒を醸しています。

http://www.teradahonke.co.jp/

馬場本店酒造 (ばばほんてんしゅぞう) 千葉県香取市

利根川に抱かれ、古より舟運で栄華を誇った佐原の町で、三百余年に亘り清酒と味醂を製造。古来より伝承の製法を守りながらも、時代に合わせたオリジナル新酒の創作にも取り組んでいます。

http://www.babahonten.com/

東薫酒造 (とうくんしゅぞう) 千葉県香取市

創業文政8年。大吟醸「叶」、「東薫」、地元契約栽培米を使用した「夢童」などが特に好評です。
全国新酒鑑評会金賞10回他、数々の賞を受賞しています。

http://www.tokun.co.jp/

飯田本家 (いいだほんけ) 千葉県香取市

創業明治10年。主な銘柄は「大姫」「利根の輝」。専任の杜氏は置かず経営者と社員で酒造りをしています。地元産の酒米(総の舞・雄山錦)を使って飲み応えのある酒質を目指しています。

http://www.iida-honke.com/

神明酒造 (しんめいしゅぞう) 千葉県東庄町

安政3年創業で150年近くの歴史があります。神明神社の名前から銘柄名を「神明」としています。

http://www.chiba-sake.jp/suigo/shinmei/

小林酒造場 (こばやししゅぞうじょう) 千葉県銚子市

明治7年創業以来品質第一をモットーに、手堅い酒質の酒を地元銚子を中心に提供してきました。

http://www.chiba-sake.jp/choshi/kobayashi/

飯田酒造場 (いいだしゅぞうじょう) 千葉県銚子市

明治元年創業。仕込み水は天然の湧水をくんで使用しています。
手作りによる品質本位の酒造りの姿勢を守り続けることをモットーとしています。

http://www.chiba-sake.jp/choshi/iida/
 

石上酒造 (いしがみしゅぞう) 千葉県銚子市

関東最東端酒蔵、石上酒造は自慢の2棟の大谷石造りの石蔵にて原料米に100%千葉県産を使用し、南部杜氏の卓越した醸造技術のもと、品質にこだわりの酒造りをしております。

http://www.isbc.co.jp/

 成田のお酒の販売
会場:三井のリパーク成田表参道駐車場
成田が誇る2銘柄が販売されます。
 

滝沢本店 (たきざわ ほんてん) 千葉県成田市

明治初期より成田の地で酒造りを行っています。蔵元の井戸水が大変おいしく良い水で長命延命霊力の水であると評判が立ったことから「長命泉」と名づけられました。

http://www.chomeisen.jp/
 

鍋店 (なべだな) 千葉県成田市

1689 年創業。310 年以上の伝統と永年に亘り培われた技術力を基に、メインブランドの「仁勇」・「不動」をお届けします。「酒・人・心」をモットーに全て社員による手造りで酒造りをしています。

http://www.nabedana.co.jp

このページのトップへ