テーマから探す

閉じる

ここから本文です。

お正月に向けて

カレンダーの枚数も残り少なくなり、日一日と寒さが厳しくなってきました。
何かと忙しい師走。師走とは、師が馳せる(走る)月。
一説では、師=お坊さんと言われます。
昔は正月も盆と同じように祖先の霊を弔う月でした。
お経をあげるため、お坊さんがあちこちの家々を忙しく走り回ったのが語源と言われています。
新年を迎えるため大忙しの成田山新勝寺のお正月の準備についてご紹介いたします。
 

煤払い 12月13日(木曜日)

日の出前、朝護摩にて御本尊様に煤払いの奉告をし、僧侶が御本尊不動明王の御身拭いを行います。
この後、仏像や仏具等を磨き、大本堂内の296畳の畳を掃き清めます。最後に約10mの長い竹笹を手に、天井や大欄間など一年の煤が取り払われ、終日境内伽藍の清掃が行われます。

 

大しめ縄飾り付け 12月25日(月曜日)

大本堂に取り付けられる巨大なしめ縄は、横6.6m、縦1.5m重さ200kgという大きさ!

使用するワラは、周辺農家に特別に注文した、約6,000束のワラの中から、2,500束を選定したものです。
『照範(しょうはん)じめ』といわれる成田山独特の編み方は、江戸時代に中興第一世の照範上人が、五穀豊穣を祈願して作った事が始まりとされています。

その他にも約200本のしめ縄が作られ、境内の諸堂に付けられます。
約2ヶ月間かけて制作された大しめ縄は、クレーン車を使って大本堂前の約6mの支柱に取り付けられます。

 

餅つき 12月26日(日曜日)

26日、新年に御本尊様に御供えする恒例の餅つきが早朝より行われます。

午前2時、竈に火が入り8俵(約480kg!)にもなる餅米をせいろで順番に蒸し上げ、午前4時頃から、光輪閣総受付脇で、約10名のつき手により車座に臼を囲んで餅がつかれます。
約85名により、次々とつかれた御供餅は御本尊不動明王をはじめ、境内諸堂に御供えされます。

 

納め札お焚き上げ柴灯(さいとう)大護摩供 12月28日(火曜日)

年内最後の行事として、大本堂西側広場にて行われます。1年間に成田山へ納められた、不動明王の分身である古いお札を不動明王の智慧の火炎にお返しし、無病息災を感謝します。

厳かな読経が響く中、杉の木を積み上げた炉の中に、山伏の装束を身にまとった約20名の僧侶により、お札が次々と投げら入れられます。
燃え上がる智慧の火炎は、あらゆる罪障や災いを焼き尽くすと言われ、師走の天を焦がします。

この厳かな儀式を終えると、成田山は初詣を迎えるばかりとなります。

http://www.nrtk.jp/enjoy/shikisaisai/otakiage.html

お問合せ

成田山新勝寺
TEL:0476-22-2111(8時~16時)

成田の魅力

成田山新勝寺

ご利益スポット&体験プログラム充実の成田詣へいざ!

成田国際空港

単なる通過点ではない、毎日10万人が訪れる日本の表玄関

成田山表参道

今も昔も参拝客でにぎわう成田山新勝寺・表参道

成田四季彩祭 イベント情報

成田は四季を通じて様々なイベントを開催しています

もっと見る