テーマから探す

閉じる

宗吾霊堂御待夜祭

ここから本文です。

2022年09月03日 ~ 2022年09月04日

開催場所:宗吾霊堂

<令和4年はコロナ禍での開催のため、屋台運行時間の短縮、特別奉納舞踊大会とカラオケ大会の中止など、例年とは多少異なります。

義民宗吾様を偲ぶ御待夜祭

御待夜祭(おたいやさい)は、現在も多くの人々に慕われている義民佐倉惣五郎の御霊を慰めるためのお祭りです。

お祭りの両日、宗吾霊堂の広い境内は、たくさんの露店が所狭しと立ち並び、家族連れや子供達の楽しげな笑い声であふれ、賑やかな活気に包まれます。境内は昭和30年代にタイムスリップしたかのような懐かしい古き良き日本を感じさせる雰囲気に包まれます。
ヒグラシの鳴き声が夕闇に溶け込む頃、露店に灯りがともり、お祭りはいよいよ盛り上がりをみせます。

目移りするほどズラリと並んだ露店を巡って、イカ焼きやあんず飴、お好み焼きなど、お祭りならではの食べ物を食べ歩いてお腹を膨らませたら、久しぶりに童心に返って金魚すくいや射的、型ぬきや輪投げなどの遊びに興じる。すると、幼かった頃がふと脳裏によみがえり、毎日忙しく動き回ってばかりいる大人達が忘れかけていた懐かしい時間を思い出させてくれることでしょう。

宗吾霊堂周辺の沿道では、子供達や大人達により、屋台が威勢よく曳き廻されます。

子供の時に家族に手を引かれて、神社やお寺に行き、明々と灯された電球が眩しくもきらびやかな光景に目を輝かせながら楽しんだ、あの夏の日のことを思い出してみて下さい。宗吾霊堂御待夜祭は、そんな幼き日の気持ちに立ち返らせてくれる不思議な魅力を持っています。

大人達が子供だった頃のお祭りの楽しさを、次の世代を担う子供達にも知ってもらうために、家族連れはもちろん、お友達同士でご一緒にお出かけになって、忘れかけていた“あの頃”の縁日を堪能して、子供達に夏の日の思い出づくりをさせてあげてはいかがでしょうか。

  

  

  

  

宗吾霊堂と御待夜祭の歴史

鳴鐘山東勝寺 別格本山 宗吾霊堂

成田市宗吾にある宗吾霊堂は、正式には鳴鐘山東勝寺 別格本山 宗吾霊堂といいます。
縁起は桓武天皇の時代に征夷大将軍坂上田村麻呂が房総を平定し、戦没者供養のため建立された真言宗豊山派の寺院です。義民・佐倉宗吾様が祀られているお寺としても知られています。

義民 佐倉宗吾伝

公津村(現在の成田市)の名主だった佐倉宗吾(木内惣五郎)は佐倉藩国家老による暴政のため領民の救済を4代将軍徳川家綱公へ直訴し、その罪により1653年8月3日公津ヶ原で磔刑に処せられました。その遺骸を刑場跡に埋葬したのが現在宗吾霊堂境内にあるお墓です。1752年、百年忌に佐倉藩はその失政を悔い、堀田正亮が宗吾道閑居士の法号を諡号し、以来宗吾様と呼ばれるようになりました。『佐倉義民伝』は歌舞伎の演目として有名で、1998年は二代目中村吉右衛門により国立劇場で上演。2002年12月には5代目中村勘九郎が歌舞伎座で上演。この後も度々上演されています。現在、境内には、本堂・大本坊(客殿)奥之院のほか宗吾様の遺品や関係文書が展示されている霊宝殿・宗吾様の生涯を66体の等身大人形で再現した宗吾御一代記館があります。

御待夜祭の始まり

1802年 義人宗吾の150年忌の供養が行われた時、台方村が総代となり【笹踊り】を興行したのが御待夜祭の始まりといわれています。9月3日(旧暦の8月3日)の命日の前の晩を逮夜と呼び、人々は宗吾霊堂に【おこもり】をして夜を明かしました。戦前までは【御逮夜祭】と仏教用語でしたが、戦後は【御待夜祭】と称しています。
宗吾様の例大祭「御待夜祭」は木内惣五郎の命日である9月2・3日に行われていましたが、2004年から9月の第1土曜日・日曜日が祭礼の日となりました。

御待夜祭と屋台の曳き廻し

1952年の宗吾霊300年祭に屋台を新造し、1958年まで町内を曳き廻していました。その後は、祭礼時に輪踊りの“やぐら”として使用されていました。
1974年、町内有志の手により、屋台の曳き廻しが復活し、1984年に現在の屋台が新造されました。町内の若者連【宗和会】による屋台の曳き廻しは午後10時まで行われ他町内の若者連の応援もあり、非常に威勢の良い曳き廻しを見せてくれます。また、屋台の上で佐原囃子を奏でる【宗吾藝座連】も祭りの雰囲気をより一層高めてくれます。さらに、屋台の曳き廻しで京成宗吾参道駅前から、宗吾台自治会の中央通りの坂を一気に駆け上がる様は勇壮です。御待夜祭は屋台の曳き廻しの他に、境内いっぱいの露天商が立ち並び、特設ステージではカラオケ大会が催され、剣道弓道の大会も開催されます。民主主義の先駆者である宗吾様の例大祭【御待夜祭】に是非おいでください。 ※令和4年度につきましては、コロナ禍での開催のため、例年とは多少異なります。

【宗吾霊堂パンフレット及び成田市史民族編参照】

開催内容

9月3日(土曜日)の行事

内容 時間 場所
大護摩修行 11時・14時・18時 宗吾霊堂 大本堂
屋台運行 13時~16時(子供の部)
17時~20時(大人の部)
宗吾区内巡行
特別奉納舞踊大会 中止 -

9月4日(日曜日)の行事

内容 時間 場所
大護摩修行

6時・11時・14時

11時の法要は、大般若経六百巻転読会の特別法要となります。

宗吾霊堂 大本堂
屋台運行 13時~15時30分(子供の部)
16時30分~20時(大人の部)
宗吾区内巡行
カラオケ大会 中止 -

屋台運行表(両日)PDF

宗吾霊堂お待夜祭屋台運行表(PDF:47KB)

アクセス

宗吾霊堂 住所:千葉県成田市宗吾1-558(グーグルマップへリンク)

  • 電車:京成宗吾参道駅下車、徒歩約15分。
  • 千葉交通バス:京成成田駅中央口7番バス乗り場から「宗吾霊堂行き」バス乗車約15分、「宗吾霊堂」バス停下車。
    千葉交通:http://www.chibakotsu.co.jp/(外部サイトへリンク)
  • 成田市コミュニティバス:成田市役所前バス乗り場から「北須賀ルート」バス乗車約20分、「宗吾霊堂」バス停下車。
    成田市ホームページ:成田コミュニティバスhttps://www.city.narita.chiba.jp/kurashi/page105700.html(外部サイトへリンク)
  • 自動車:東関東自動車道 富里・佐倉ICから車で約15分。※祭礼当日は、周辺に駐車場が少なく、また渋滞も予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

⇒成田駅周辺バス乗り場の紹介ページ

お問合せ先

宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)
TEL 0476-27-3131

成田の魅力

成田山新勝寺

ご利益スポット&体験プログラム充実の成田詣へいざ!

成田国際空港

単なる通過点ではない、毎日10万人が訪れる日本の表玄関

成田山表参道

今も昔も参拝客でにぎわう成田山新勝寺・表参道

成田四季彩祭 イベント情報

成田は四季を通じて様々なイベントを開催しています

もっと見る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。