テーマから探す

閉じる

ここから本文です。

宗吾霊堂周辺を巡る

宗吾霊堂周辺を巡る~義民ロード~

宗吾霊堂・印旛沼周辺地域は、自然に恵まれまた、史跡も多くあります。
佐倉宗吾350年のご遠忌を機に、京成宗吾参道駅から宗吾霊堂・麻賀多神社・宗吾旧宅を経て甚兵衛公園に至る7kmのみちを、義民ロードとして道しるべや案内看板が平成14年10月に整備されました。

【義民ロード スタート地点】
京成宗吾参道駅を出発

宗吾霊堂まで約1km

道中には、このような道しるべが設置されています。

宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)

開基は古く、桓武天皇の時代に征夷大将軍・坂上田村麻呂が、房総を平定した時に戦没者供養のために建立したと言われています。今では江戸時代の義民・佐倉宗吾様(本名・木内惣五郎)が祀られているお寺として全国の信者が参拝に訪れます。春には桜や梅を楽しむことができます。
境内には、宗吾御一代記館や宗吾霊宝殿があります。

マップはこちら>>>

宗吾霊堂を出発→約1.9km

麻賀多神社

印旛郡市内にある麻賀多神社18社の惣社。古書『延喜式』(平安時代)には全国各地の神社名が記載してありますが、そこで4番目に記載されているほど由緒ある神社。船形社と台方社(奥津宮)があり、応神天皇時代(4世紀末~5世紀初頭)により印旛国造に任命された伊都許利命の作といわれています。
本殿左奥には、樹齢1,200年という関東一の大杉があり、長寿・厄除けの守護神として崇められています。

マップはこちら>>>

麻賀多神社を出発→約1km

宗吾旧宅

宗吾霊堂から印旛沼方面に2kmほど行き、麻賀多神社のほど近くに、かや葺き寄棟造りで江戸時代から伝わる『かのこ建て』(土台はなく丸石の上に直接建てる)と呼ばれる建築様式の宗吾旧宅があります。宗吾様亡き後も、代々子孫によって守られており、現在、16代目の木内さんのご好意により見学もできます。

マップはこちら>>>

宗吾旧宅を出発→約3.1km

甚兵衛公園

「甚兵衛」は、佐倉宗吾様が領民の窮地を救うべく江戸へ直訴に行くきに、自らの命を省みずに佐倉様を舟に乗せ、対岸まで送り届けたという男の名前です。印旛手賀沼自然公園内にあり、春には菜の花、秋にはコスモスが一面に咲き、訪れる人々の憩いの場となっています。沼の岬には甚兵衛の供養塔があり、周辺にはサイクリングコースやアスレチック遊具あります。

マップはこちら>>>

お帰りは、成田市コミュニティバス 北須賀ルートが便利です。

甚兵衛渡し・宗吾霊堂発
甚兵衛渡し 麻賀多神社 宗吾霊堂 公津の杜駅 成田市役所
6時20分 6時32分 6時41分 6時48分
7時10分 7時22分 7時31分 7時38分 7時49分
8時55分 9時07分 9時16分 9時23分 9時38分
12時20分 12時32分 12時41分 12時48分 13時03分
15時25分 15時30分 15時34分 15時40分
16時20分 16時25分 16時29分 16時35分
17時10分 17時15分 17時20分 17時26分 17時37分

料金…大人200円・小人100円

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。